【青山カフェ】2018年11月NEW OPEN!フランス・パリ発チョコレート専門店CHAPON(シャポン)がおしゃれ!

チョコレート

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

はむほっぺ
はむほっぺ

フランスのチョコレート専門店CHAPON(読み:シャポン)が、2018年11月に、青山にオープンしたということで行ってきました!店内の様子と、おいしくておしゃれなCHAPONのチョコレートについて紹介します。

スポンサーリンク

CHAPON青山店とは

パリに本店があるCHAPONの、2018年11月にオープンした日本1号店が青山店です。

最寄駅は東京メトロ表参道駅ですね。

渋谷駅から行く場合は、宮益坂をのぼって、青山学院大学を右手側に見て、通り過ぎてすぐの「骨董品通り」をまっすぐ行ったところにあります。

岡本太郎美術館が近くにありますね。

 

店内の写真

店内にはおしゃれなデザインのチョコレートが沢山。

カカオ100%のチョコレートも。試食ができるのも魅力的です!

 

 

店内にはカラフルでキュートなチョコレートが並んでいて、見ているだけでも楽しい!

パッケージもおしゃれで、ちょっとしたギフトとして贈るのにも喜ばれそう。

 

 

スマイル、ハート、くま……と、インスタ映えしそうなチョコレートがずらり

 

 

ちょうどクリスマスシーズンだったので、店内もクリスマス使用になっていました。

イートインが可能なCHAPON

CHAPON青山店はイートインもOK

可愛いカップとお皿で楽しむことができます。

営業時間は11:00~20:00。

チョコレートと一緒に優雅なティータイムができるって嬉しいですよね!

お値段が高級なので、普段から食べるにはちょっと高い……けど、女子会やデートでちょっと立ち寄るのにはオススメです!

 

CHAPONのテイクアウト

今回は自宅にテイクアウトで買ってきました。

 

 

袋も箱も可愛い…

CHAPONのショップカードもついもらってきてしまいました。

このデザイン性、自分へのご褒美やプレゼントでもらってもうれしいですね。

CHAPONのチョコレート紹介

今回は3個買ってきました!

店員さんにおすすめしていただいたチョコレートをチョイス。

 

プルミエ

こちらはプルミエというチョコレートです。

サロン・ド・ショコラパリで賞をとったチョコレートだそうですよ!

スモークソルトをいれて深みを増したサクサクのプラリネをカリカリのキャラメルで包み込んで、チョコレートでコーティングしています。

チョコ1粒でいくつもの別のお菓子を食べているかのような、そんな気分になれるチョコレート。

口の中での風味の変わり方が斬新です。

クセになりそうな、大人な一品でした。

 

リップ型チョコレート

こちらは可愛らしいリップ型のホワイトチョコレート

普通のホワイトチョコレートとは一味違って、濃厚でクリーミー。

コンデンスミルクを思わせる味わいで、幸せな気持ちにしてくれます。

 

ハート型チョコレート

そして3つ目は、おしゃれな模様のハートチョコレート。

外側がホワイトチョコレートになっています。

中にはミルクチョコレートですね。

1粒で2度おいしいチョコレートになります。

食べるのがもったいない…!

 

CHAPONチョコレートのお値段

CHAPONのチョコレートは1粒500円台のものがほとんど

特別な日や、ちょっと贅沢をしたいときに食べたいチョコレートですね。

 

CHAPONの店舗情報

シャポン青山店

  • 東京都港区南青山6-2-9 南青山KSビル 1F
  • TEL 03-6427-9032
  • 営業時間 11:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント