【お悩み相談】中学1年生の甥っ子にハムスターを飼いたいと相談されています

ハムスター

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

この記事では、Twitterに設置した質問箱に寄せられたハムスターの質問やお悩みにお答えしています。

第3回目はのお悩みは、こちら!

中学1年生の甥っ子にハムスターを飼いたいと相談されています。ただしその子の親は反対しています。自分が飼っているので飼い方は教えてあげられますが、なんてアドバイスしたら良いと思いますか?

このお悩みにはむどっぐがお答えします!

 

はむほっぺ
はむほっぺ

そもそも反対の理由はなんだろうね?

いぬまゆげ
いぬまゆげ

まずは反対する理由を考えてみましょう!

Sponsored Links

親御さんが反対する理由

ハムスターを飼うことを親御さんが反対する理由は、いくつか考えられます

  1. そもそもハムスターが嫌い(動物が苦手)
  2. 汚い・不衛生(と思っている)
  3. 死んでしまった時に悲しい
  4. 経済的に難しい(と思っている)
  5. 世話が面倒(世話を押し付けられると思っている)

順番に考えていきましょう。

そもそもハムスターが嫌い/動物が苦手

親御さんがハムスターを嫌いだったり、動物が苦手な場合は、今飼うのは正直難しいかもしれません

 

だって、嫌いなものを好きになったり、好意的に捉え直すのはなかなかハードルが高いことですからね。

 

とはいえ、中学生でも十分にお世話できる動物ですから、「自分の部屋の中だけで飼って外には出さない」という条件でご両親に交渉することは可能かもしれません。

 

もしもハムスターや動物そのものに対して何かの思い込みがあるなら、ご自分も飼っている相談主さんに誤解を解いていただくのが一番の近道だと思います。

 

例えば動物は臭い、ハムスターは夜カラカラとうるさい、といったイメージがあることが考えられます

 

ハムスターはトイレも覚えさせることができて至近距離でにおいをかかがなければそうそう臭くなったりしませんし、サイレントホイールを使えば(全く無音というわけにはいきませんが)睡眠の妨げになるような音は出ないものです。

 

もしも飼うのに反対な理由が誤解なら、解決できそうですね。

 

ハムスターの衛生管理

ハムスターは家の外に出ないことやおしっこの場所を覚える(※ウンチはどこでもします)ことも手伝ってか、比較的、衛生的な動物と言われています。

 

実際ウンチのにおいはほとんどないですね。

 

でも一方で飼育ケージの中を清潔にできていないと発症してしまう病気もあり、こまめにお世話をしてあげる必要があります。

 

  • お水は毎日変えてあげる
  • 腐敗してしまう餌(生野菜など)は毎日捨てる
  • トイレ砂の固まっているところやウンチをこまめに捨てる
  • 床材を変えるときは半分ぐらい残してあげる

 

毎日のことは、1日10分もかかりません。

中学生なら部活に宿題などもあるかと思いますが、十分まめなお世話ができるんじゃないでしょうか!

 

死んでしまったら悲しいから飼いたくない

ハムスターに限らずですが、全ての生き物にいつか最期の日がきます。

 

まして、これまでの人生の中で失う悲しみを経験したことのある人なら「飼いたくない」と思うのはなおのことでしょう。

 

僕たちもハムスターや犬など、これまでの人生の中でいくつかの命を見送ってきています。

 

小学生のとき、犬を飼うにあたって父が「ペットを飼うことで命の大切さを学べる」と言っていたことを思い出しますが、命について本当の本当に心から学んだのは、おそらく亡くなった時です。

 

もちろん一緒に生きているうちに学んだことはたくさんあります。

 

でも失くす痛みを知るのは、失った時だけです。

 

それが誰かへの優しさに繋がるかどうかは、相談者の甥っ子さん次第だと思いますが、一緒にいた時間が尊ければ決して後悔はしないのではないでしょうか?

 

ハムスターを飼うのに必要なお金は?

ハムスターは通常、あまり費用をかけずに飼うことのできる動物として知られています。

 

初心者の方向けの記事に詳しく書いていますが、ハムスター1匹を飼うのに必要な初期費用の目安は15000円程度です(ハムスター本人の費用を含む)

 

消費したら買い足さなければいけないのは餌に床材、トイレ用の砂、お風呂用の砂の4種類です。

(※初心者の方へ:ハムスターは水ではなく、砂を浴びることでストレス発散したり体を清潔にしたりします)

 

選ぶ商品にもよりますが、ランニングコストは1か月2000円程度

 

もしも相談者の甥っ子さんが本気であれば、中学生の小遣い程度でも(もちろんご家庭の方針にもよりますが)まかなえる費用かと思います。

 

「どうせお小遣いなんてすぐ使っちゃうんでしょ」などとお小遣いの範囲であることだけでご両親の説得が難しい場合は、1年でかかるハムスター用の費用を算出し、あらかじめ別に分けておくといった計画をご両親に示すことで説得力が上がるかもしれませんね。

ハムスターを1年飼うのに必要な費用の試算
初期費用15000円+(毎月費用2000円×12か月)=約40000円

ただし費用に関して、1つだけ注意点があります。

 

それは、ハムスターの医療費は少しお高めということ。

 

先ほども紹介したこちらの記事の下の方でも紹介していますが、例えばハムスターが怪我をして動物病院にかかって、さらに色々処置をしてもらったりしたら、それだけで5000円くらいかかるようなこともあります。

 

手術が必要な時にはゼロが1つ増えて、5万〜6万円かかるイメージです。

 

もちろんずっと健康であれば必要のないことですが、もしもの時にはどうするかについても考えておく必要はあります。

 

世話が面倒(世話を押し付けられると思っている)

これは大人として想像しているだけにすぎませんが、親御さんはもしかしたら、甥っ子さんがハムスターの世話をしなくなって、その結果として親御さんに世話係が回ってくることを想定しているのではないでしょうか?

 

当たり前の話ですが、ハムスターだけでなく動物はかわいい、かわいいと可愛がれば良いというわけではありません。飼い主には責任があります

 

人間には家族や友達、部活の仲間、恋人……と色々な人間関係がありますが、飼われている動物にはその飼い主しかいません

 

ハムスターがどんな一生を送ることになるかは、飼い主にかかっています

 

そのことを甥っ子さんが理解しているのであれば、そのことをご両親に訴えるべきです。

これが理解できているのであれば、お金や衛生面の管理などは当然その範疇に入ってきますから、責任を持ってやらなければいけませんし、心配はいらないでしょう。

 

命に対する責任を持って向き合えるのであれば、反対する理由は何もないと思います。

 

個人的には、ぜひご両親にサポートをお願いしたいですね。

 

「実はアレルギーでハムスターがいるだけで激しくくしゃみが…!」といった理由でないことを祈ります。

 

猫アレルギーだけど猫大好きで猫飼ってます!という人もいますが、こればっかりはなんとも言えないですね(゜゜)

 

●ハムスター初心者の飼い主さんには、こちらの記事が参考になります

ハムスターが一人暮らしにおすすめな9つの理由!飼いかた、値段、餌など

コメント