【ペレットチャレンジ1】ハムスターのペレット嫌いの直し方:においを付ける

ハムスター

 

いぬまゆげ
いぬまゆげ

ハムたちがなかなかペレット食べてくれないね……

 

はむほっぺ
はむほっぺ

でも、いつまでも食べないままにはしておけないよね

 

いぬまゆげ
いぬまゆげ

何が効果あるかはわからないけど、色々やってみよう!

 

ハムスターがペレットをなかなか食べてくれないというのは、かなりの割合のハムスター飼い主に共通する悩みですよね。

ペレットを食べないと栄養のバランスをとるのに苦労もしますし、色々なものを食べさせることになった結果、ハムスターの食費が馬鹿にならない金額になっていた……なんていうことも。

ハムスターがペレットを食べるようになるには、どうしたら良いのか?誰でもできる方法を実験してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1つめのチャレンジは、「においを付ける」です!

ペレットチャレンジの準備

まず、今回の実験で使用したものはこの3つです!

  • マルカン ジャンガリアンのミックスフードお徳用(360g入)※画像は180g入
  • マルカン リス・ハムスターの主食お徳用(500g入)
  • 密閉できる容器(ジップロックなど)

これらを使ってやることは1つだけ。ヒマワリのタネとペレットを同じ容器に入れて、しばらくおいておくだけです。

できれば最低1日くらいはおいておきたいですね。

もっと短くても大丈夫かもしれないのですが、「ヒマワリのにおいをペレットに移す」ことが重要なので、おいておく時間が短ければ短いほど、効果が薄いかもしれません。

どうしてにおいを付けるのか?

ハムスターの飼い主の皆さんならもちろん知っていることだと思いますが、ハムスターは視力が弱いので、においで物事を判断している傾向が強いです。

実際、たとえばお気に入りのおやつやヒマワリの種が入った袋を開けただけで、鼻をヒクヒクさせるハムスターの姿を見たことのある飼い主さんはきっと多いですよね。

これを利用して、ペレットにヒマワリの美味しそうなにおいをつけることが目的です。

ニンジン嫌いな子供も、みじん切りにしてハンバーグの中に入れたら食べる、のにおい版ですね。

 

こちらが実際の写真。(そのまんまですが……)

 

これは逆に、ヒマワリのにおいをペレットのにおいに近づけるという効果も見込んでいます。

ハムスターは、ヒマワリのにおいがするペレットを食べるのか?実験です!

ヒマワリのにおいを付けたペレットのチャレンジ結果

はむどっぐ家(筆者)にいる5匹のハムスターに、ヒマワリのタネのにおいをつけたペレットを1週間毎日、7粒ずつエサとして実際に与えてみました

結果はこの通りです!

 

においをつけていないペレットの平均完食個数においをつけたペレットの平均完食個数
ホワイトパール(オス)02
ブルーサファイア(メス)35
プディング(メス)04
パイド?(オス)25
ホワイトプディング(メス)37(完食)

※ハムスターは全てジャンガリアンです

 

完食するようになったハムは1匹だけですが、変化なしの子は1匹もいません。

どの子も明らかにペレットを食べる個数が増えているので、大きな進歩だといえます。

 

チャレンジの副産物

ハムたちがペレットを食べる量が増えたことで、他にも良いことがありました。

おやつを食べる(おねだりしてくる)量が目に見えて減ったのです。

これは量を計っていませんが、明らかに回数が減りましたね。

全体としてエサの量は変わっていないものの、

 

ペレット満足に食べてない(残している)

→ハムスターお腹空く

→ねだる

→お腹空いたの?ってことでおやつをあげてしまう

 

という循環はやっぱりあったので、カロリーには気をつけていても、やっぱり体調が気になっていました。特にプディングの子は脂肪燃焼効率がよろしくないので、なおさらですね……

 

においをつけるペレットチャレンジのまとめ

もちろん目標はペレットを完食するようになることなので完全ではありませんが、ペレットにヒマワリの種のにおいを付けることで食べてもらう、というチャレンジは一旦成功です!

 

ただし、あくまでも目標はペレットで食事の大半をまかなって健康管理できるようになることなので、他のペレットチャレンジを考えて色々やってみます。

 

お家のハムスターがペレットを食べなくて困っている飼い主さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

コメント