ハム飼い主がハムスターカフェmogumoguに行ってきたのでレビューします!

ハム飼い主がハムスターカフェmogumoguに行ってきたのでレビューします!ハムスター

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

東京六本木にある、「ハムスターカフェmogumogu(もぐもぐ)に行ってきました!動物カフェはたくさんありますが、ハムスターがいるカフェはかなりレアですよね?

はむほっぺ
はむほっぺ

でも正直、ハムの扱いがひどかったらどうしよう…なんて思いながら行ったんです(失礼)

いぬまゆげ
いぬまゆげ

実際行ってみたら、すごく感じのいいお店でした!

落ち着いたカフェの中でハムと直接触れ合って気に入った子をお迎えもできるので、ハムスターに興味がわいて飼うことを検討している方には特におすすめしたいカフェです。

写真入りで、できるだけ詳しくレビューします!

スポンサーリンク

ハムスターカフェmogumoguがある場所

ハムスターカフェmogumogu

まずは場所の確認です。

ハムスターカフェmogumogu
所在地:東京都港区六本木6-7-2岩堀ビル2階(東京メトロ六本木駅徒歩1〜2分)
営業時間:11時~19時
電話:03-3404-8100

地図はこちら!
ハムスターカフェmogumoguの地図

「3番」の地上出口を出たら、左に曲がって、大きい通りに沿って直進します。すると左手側のビルとビルの間に細い路地があるので、ここを左折。まっすぐ進むと、その通りのほぼ突き当たりにお店が見えてきます。

写真の大きい看板が目印なので、簡単にわかるはず!

お店のシステム・ルール

店内システム

お店独自のルールがいくつかあったので、箇条書きにします。

画像も参照してください

  • 料金は30分1,400円
  • 時間を過ぎると自動更新
  • ハムスターは手をアルコール消毒し、手袋をしたうえで優しく触る
  • ハムスターに触れるのは、遊び場の中か上だけ
  • ハムスターは交代制、遊べるのは遊び場に出ているハムスターのみ
  • 休憩中のハムスターは、客から遊びたいとリクエストされてもお断り
  • 気に入った動物はお迎え(購入)可能
  • ドリンクは店内のサーバーで1杯無料
  • フラッシュ撮影禁止

カフェで出会える・遊べるハムスターたち

遊び場

店内のハムスターたちとの遊び場

随時お迎えが決まるのでハムスターの数は固定ではありませんが、種類としては

  • ゴールデンハムスター(キンクマ含む)
  • ジャンガリアンハムスター
  • キャンベルハムスター
  • ロボロフスキー

の、4種類がいます!

ゴールデンハムスター/キンクマ

ゴールデンハムスター

私たちが行った時には、ゴールデンハムスターはノーマルが4匹とキンクマが1匹いました!

「続々とキンクマちゃんのお迎えが決まっちゃって…」と店長さんが言っていて、多い時は5〜6匹いるようです。ゴールデン全部で10匹くらいですね。

ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアンは10〜20匹くらいがいるようです。1つの遊び場(ケージとは別のお客さんと遊ぶ場所)に子ハム3〜6匹がケンカもせずに一緒にいて、(用意された手袋をしたうえで)触って遊ぶことができます。

はむほっぺ
はむほっぺ

「同じとこに何匹も一緒にいてケンカしませんか?」って店長さんに聞いたら、「コツがあるんですよ〜」ってしつけのやり方を教えてくれたりしました!

いぬまゆげ
いぬまゆげ

ハムに関してもちゃんとノウハウあるな、って感じましたね!

キャンベルハムスター

いつもはいるらしいんですが、残念ながら私たちが行った時は、休憩中のハムたちも含めて1匹もいませんでした……残念!

ロボロフスキー

私たちが行った時にはちょうど休憩中で遊べなかったですが、ロボちゃんも5匹くらいいたようです。残念…!

スケジュールがある程度決まっているようなので、「この種類のハムと遊びたい!」というのが決まっていて行く時は、先に問い合わせて確認した方が良いかもしれません。

ハムスター以外の動物たち

その他の動物

ハムスターカフェですが、ハムスター以外の動物にも触れ合うことができます。ステップレミングやファットテールジャービルといったもう少しネズミ寄りの生きものや、チンチラやプレーリードッグといったげっ歯類仲間が。

もちろんこの子達もお迎え可能なので、ハムスター以外にも興味があれば、お店でいろんな子に触れ合ってみましょう!ゲージの中に入っていても、休憩中でなければリクエストすればコミュニケーションOK。チンチラがモフモフでした…

ちなみに、料金内で同じ建物の別階にあるハリネズミカフェとも行き来可能なので、興味がある方はそちらも合わせてどうぞ!

注意点

お店に実際に行って体験して感じた、客視点の注意点をまとめます。細かいことは気にしない方は、特に気にならないかも?

料金について

店内ルール
料金について、注意点が2つあります。先にも少し書きましたが、
  1. 30分を過ぎると自動延長であること
  2. カフェに入って何もしなくてもお金がかかること
入場時に写真のような退出予定時間が書かれたパスを渡されますが、時間はあくまで自己管理。うっかり時間を過ぎてしまうと、予定していたよりも大きいお金がかかってしまいます。それに、料金はいってみれば「入場料」です。カフェの中にいて一度もハムスターに触ったりしなかったとしても、料金は変わりません

外国人が多い土地柄に合わせた観光地スタイル

六本木は、日本でも屈指の外国人が多い街です。周辺で暮らしている方はもちろん、海外から観光目的で来た方もたくさん。そういった方達が頻繁に来るお店で、しかも別の階のハリネズミカフェと外階段で行き来自由なので、何かと「前払い」をするスタイルになっています。
いわゆる日本的なカフェスタイルではなく、あくまで動物を楽しむための空間なので、そういった観光地的なスタイルだと思っていくのがいいと思います。日本的な「接客」に慣れている方は違和感を持たれるかもしれませんが、話しかければとってもフレンドリーに対応してくれましたよ!

行った時にお目当のハムスターが出ているとは限らない

mogumoguのハムスターたちは、1日の中で何度も交代するそうです。

ハムたちの体力やストレスなどを考えて、健康面の配慮として当然するべきことをしているので、ゲージでお休み中だと、触りたいというリクエストが客からあっても断るそうです。どのハムスターと遊びたい、という明確な希望があれば、先に問い合わせるか、入店する前に受付で確認した方が良さそうですね。

ハムスターカフェmogumoguの問い合わせフォームはこちら

ハムスターカフェmogumoguレビューまとめ

ハムスターカフェレビューまとめ

お店がどんなところか、気になっている方の参考になったでしょうか?

私たち飼い主視点になると、どうしても動物がどんな扱いをされているか心配になったりしますし、特徴的なルールもありますが、とっても好感度の高いお店だったと思います!お子さんがいる家庭の方などは特に、「実際に触れてみて(お互いの)反応を確かめられる」という段階を踏めるので、そういう意味でもすごく良いなと思いました。

飼うのに必要な餌やケージなどもありましたが、小さい店舗なので種類はかなり少ないです。ここでお迎え(ハムスターを購入)するなら、必要なものは他のペットショップで購入した方が選択肢が広くて良いと思います。
筆者が実際に行ったハムスターと飼育のために必要なものを購入できるお店の一覧はこちら

料金はちょっとお高め(1時間いたらハム1匹お迎えできるお値段)なので、気軽に何度も通うのは難しいかもしれませんが、ハム好きならどハマりする人も多そう。気になっている方は、一度行ってみてはいかがでしょうか。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人
はむどっぐ

ジャンガリアンハムスター5匹とタイニープードルのアルくんの飼い主(はむほっぺ&いぬまゆげ)で、ハムスターと犬を愛しています。ハムスターの飼育経験年数は7年、犬の飼育経験年数は20年以上。実際の飼育経験をもとにした情報をブログ・Twitter・YouTube・Instagramでまとめています。

はむどっぐをフォローする

 

 

コメント