【ハムスターの応急処置】歩き方に異変!ハムスターが骨折・捻挫をした時の治療と予防策は?

ハムスター

こんにちは!はむほっぺです♩

今回は愛するペット、ハムスターが骨折・捻挫をした際の応急手当について書きます。また、予防策もありますので、ハムスターを怪我から守るためにも参考になればと思います。

〜ハムスターが骨折・捻挫をした時の様子と特徴〜

ハムスターは怪我をしていても、鳴いたりわかりやすく痛がったりしません。定期的に体の様子をみて、異常がないか確認しましょう。

足が腫れている
びっこを引いている
体が不自然に曲がっている

〜ハムスターが骨折・捻挫をした時の応急手当〜

【家でできる手当】

骨折・捻挫の場合はすぐに動物病院へ。しかし、病院がお休みで連れていけない…といううこともありますので、悪化させないためにできる以下のことをしましょう。

ケージ内の高さのあるものを取り除く
…高い所から転倒による悪化防止
金網ケージの場合は、プラスチックか小さい箱に移動させる
…足や手を引っかけないようにするため
動き回らせないため、部屋でのお散歩はさせない
…こちらも悪化防止

【治療】

次に動物病院ではどんな治療がされるのか簡単にまとめます。

骨折は手術か内科治療
…骨折した場所によって異なります。手術後は包帯を巻きます。
捻挫は薬で炎症を抑える
…薬の処方をしてもらいます。薬のあげ方、説明を聞いておきましょう。また、シロップのような甘いお薬でなめさせるタイプもあります。

【予防策】

いつ怪我をしてもおかしくない骨の細いハムスター。せめて家でできる予防策を知っておきましょう。

部屋のお散歩は仕切りを作る
…監視できる範囲で仕切り、怪我をしそうな段差等は避けましょう。
穴や隙間のある回し車は使わない
…引っかけたまま体が回る、なんて恐ろしいこと。回し車も今はいろんな種類があるので安全性の高いものを選びましょう。
水槽タイプのケージにする
…金網ケージよりも安全。ですが、ケージの中のおもちゃ等の高さにも気をつけましょう。

【その他のハムスター関連記事】

ハムスターの健康関連記事

コメント