【表参道カフェ】Janat(ジャンナッツ)の紅茶が美味しすぎる!【猫マーク】

紅茶

こんにちは、はむどっぐ です。

この記事では、表参道に日本唯一の店舗がある猫マークのフランス紅茶「ジャンナッツ」(フランス語表記:Janat、店舗名:サロン ド テ ジャンナッツ東京店)の魅力ついてお伝えします。

 

ジャンナッツとは?

ジャンナッツ は、1872年創設のフランス紅茶です。

猫がトレードマークで、本店はパリにあります。

日本唯一の店舗(東京店)は表参道にあり、紅茶やお茶菓子が購入できるのはもちろん、イートインができるカフェ(カウンター席、テーブル席、テラス席あり)が併設されています。

紅茶の種類は約40種類で、フランス紅茶らしい香り高いフレーバーティーが主力です。もちろんクラシックティーもルイボスティーもあり、そのすべてがテイクアウトOKです。

【サロンドテジャンナッツ東京店の外観(夜)】

【サロンドテジャンナッツ東京店の外観(昼)】

サロンドテジャンナッツ 東京店
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-46-10
最寄駅…東京メトロ千代田線、半蔵門線、銀座線表参道駅(徒歩5分)

 

ジャンナッツ東京店で飲める基本の紅茶36種類

ジャンナッツ店内で飲む場合は、プロが淹れた紅茶をポットで提供してくれます。約3杯分で、サロン限定のものや季節限定品以外はすべて800円です。

紅茶とケーキのセットは1200円。

テイクアウトは400円になります。よくあるティーバッグを放り込んだだけのものではなく、ちゃんとその場で蒸らして淹れたものを注いでくれます。本格的な紅茶屋さんでテイクアウトできるのはかなり珍しいので(例えば近隣のマリアージュフレールでは茶葉等の購入のみ)、職場や学校が近い方にもオススメ!

ミルクティーにしたい場合は濃いめに淹れてもらうこともできるなど、サービスもハイレベルです。

▲テイクアウトのカップ。5分ぐらいかかるので注意

●ジャンナッツ セレクトティー(フレーバーティー)

・ジャンナッツブレンド(1001 Janat blend)

厳選されたダージリンにジャスミン茶をブレンド、シトラス系のフルーツとローズの香り。

・コムパッション(1002 Comme Passion)

南国で採れた甘酸っぱいパッションフルーツの香り。

・メルシー(1003 Merci)

ストロベリーの果肉とバニラをたっぷりと使った甘い香りのブレンド。

・オダス(1006 Audce)

シシリー産ブラッドオレンジを加えた甘酸っぱいさわやかなブレンド。

・タハニルナ(1007 Tahani Luna)

キャラメルの甘い味と香りが漂うユニークなブレンド。タハニルナとはオペラダンサーの名前。

・テゥジューベル(1009 Toujours Belle)

マダガスカルのバニラの香りをつけた甘い香りのブレンド。

・ストラディバリウス(1010 Stradi Varius)

ウーロン茶にラズベリーの実をミックスし、ストロベリー、レッドカラントなど赤いフルーツの香り。

・バハジャ(1014 Bahja)

セイロン茶にベルガモットの香りをつけたさわやかなアールグレイ。

・モナモール(1015 Mon Amour)

木苺とその葉をミックス。バニラ、アルプスの麓で採れた花の香り。

・ユニーカ(1016 Uniqua)

中国茶にローズの花びらをちりばめた気品のあるブレンド。バラの産地プロヴァンスのグラースから届いたローズの香り。

・ボナー(1017 Bonheur)

ダージリンとジャスミン茶にブルーマローの花びらをブレンド。アップル洋梨、バニラの香り。

・コートダジュール(1018 Cote D’Azur)

爽やかなレモンとレモングラスの香り。

・イングリッド(1020 Ingrid)

セイロン茶にノルマンディ産の青リンゴの甘酸っぱい香りをつけたブレンド。

・セモア(1023 C’est Moi)

アップル、アーモンド、バニラにスパイスをミックスしたジャンナッツ氏の個性を表現したブレンド。

・ダンスウィズザクラウズ(1027 Dance with the clouds)

バレンシアのグレープフルーツとオレンジの甘酸っぱい香りが漂うブレンド。

・フレンチブレックファースト(1040 French Breakfast)

スリランカの高地で採れた茶葉をブレンド、くせのない爽やかなストロベリーティー。

・テドマルタ(1048 The de Malta)

マルタ島のベルガモットを使ったアールグレイ。アイスティーにぴったり。

・ポマール(1055 Pomar)

りんごと洋梨の清々しい香りがブルゴーニュ産のワイン「ポマール」を思わせる気品のある紅茶。

・テドシンガポール(1057 The de Singapore)

楊貴妃が愛したフルーツ、ライチ。フルーティーで甘い香りのブレンド。

・テドパラディ(1058 The de Paradis)

とてもジューシーなマスカットの香りの紅茶。ホットでもアイスでも。

・バイーア(1059 Bahia)

バナナとチョコレートのゴールデンコンビが紅茶に。デザートを食べているかのような甘いブレンド。

・ルナティカ(1062 Lunatica)

甘いブラックカラント、ストロベリーの香りに爽やかなタンジェリンフレーバーのブレンド。

・パラドクサル(1063 Paradoxal)

フレッシュなグレープフルーツ、タンジェリンフレーバーにヨーグルトピースが加わり、さっぱりとしたブレンド。

●クラシックティー

【ダージリン】

・モハン(1029 Mohan)

ダージリンの茶園の中でクオリティーシーズンに品質の良い茶葉を厳選しブレンドした紅茶。

・ムーンバレー(1030 Moon Valley)

ダージリンの中でも最高の茶園で採れた夏摘みのお茶。フルーティーでマスカットのような風味。

【アッサム】

・グリーンウィンド(1034 Green wind)

ディコムガーデンで採れたゴールデンチップを多く含んだアッサムティー。

・レーブドジュー(1035 Reve de jour)

力強いテイストで水色も濃く、ミルクティーに向いている。

【キームン】

・マイテ(1036 Mai te)

蘭の香りと形容される独特の香りと甘みが特徴。

【ディンブラ】

・トワフレー(1037 Trois frere)

ディンブラ地区の高地で採れた紅茶をブレンド。

【ヌワラエリヤ】

・モナミ(1038 Mon Ami)

ヌワラエリヤ地区の高地で採れた紅茶をブレンド。

【ウバ】

・ボルドヌイ(1039 Vol de Nuit)

ウバ地区の高地で採れた紅茶をブレンド。

【ニルギリ】

・エベレストバレー(1051 Everest Valley)

「青い山」を意味する紅茶ニルギリ。クセがなく軽やかな味と香りが特徴です。

 

●ルイボスティー

・ジャイブール(1053 Jaibur)
ルイボスティーにシナモン、カルダモンなどのスパイスをブレンド。
力強く深みのある香り。
・ボラボラ(1054 BoraBora)
ルイボスティーにパッションフルーツとストロベリーの香り。
・エリハナ(1060 Erihana)
ルイボスティーの自然の甘みと、オレンジの甘い香りが絶妙なバランス。
・マチュピチュ(1061 Machu Pichu)
ルイボスティーの自然の甘みと、クッキーの香ばしい香りの、さっぱりとしたブレンド。

ジャンナッツ店舗限定・季節限定の紅茶

ジャンナッツ東京店でのみ飲むことができる、店舗限定や季節限定の紅茶を紹介します。この項の紅茶は、ケーキセット対象外なので、食べたい場合はそれぞれ単品で注文することになります。

Voyage au Tibet (ヴォヤージュ オ ティべ)

下の白い層のコンデンスミルクをかきまぜて飲むミルクティー。濃厚で甘いけれど、紅茶の優しい風味も負けてない、ミルクティー好きにはたまらない一品です。マグカップで出していただくものなので通常メニューに比べて量は3分の1ですが、1杯でも至福のひと時が味わえます♩お値段は840円。

The des Alpes(テ デ アルプス)

ダージリンをベースに蜂蜜とレモングラスを使用しているらしく、飲んだときに最初にくるのは紅茶全体の深い味わい。そしてレモンが入っている効果か、すぅっと喉の奥で消えていく、そんな印象でした。記憶に残るけれど、癖のない紅茶ってとても魅力的。お値段は840円です(※写真のケーキは別売り)。

 

ケーキ・お茶菓子など

紅茶にケーキやお茶菓子が欠かせないのは、ジャンナッツも同じです。

カフェでは紅茶とケーキのセットが1200円で食べられるほか、サラダなど食事もあり、さらに猫のマークを模したサブレを購入することも可能です。

しかもジャンナッツでは、お店のスタッフによるとケーキもお茶菓子もすべて店内で焼き上げているとのことで、お茶だけでない強いこだわりが感じられます。

Piramide Azteque (ピラミッド アステック)

濃厚なチョコレート生地にローストされたバナナが挟まっているバナナチョコレートケーキ。紅茶ともよく合ってペロリでした。お値段650円。

 

ジャンナッツ のお土産・プレゼント

店舗ではお家で飲む用に、茶葉も購入できます。茶葉だけならAmazonでもカルディでも買えますね。

写真はセイロンティーとアールグレイティー、そしてチャイティー。手前のおしゃれな袋に入っているのは、ティーパックの詰め合わせです。

それぞれカラフルで可愛いパッケージですよね。1つずつフレーバーが違っていて、5個チョイスすると専用の封筒状の袋にいれてくれます。これでなんと500円。お手頃ですし、ちょっとしたプレゼントにも良いですよね!

店員さんも明るく、気さくに案内をしてくれて好印象でした!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

東京で美味しい紅茶を飲みたい!という方もぜひ立ち寄ってみてください。

カフェデートの場所にもオススメです。

きっと素敵な時間を過ごせることができるでしょう♩

コメント